今回から、何回かに分けて、初心者の方が相続税の申告をするための手順を説明していきます。

今回は、誰が法定相続人になるのかを中心に説明いたします。

 

相続とは?

相続は、人が死亡したときに発生します。

死亡した人(被相続人と言います)の財産(資産と負債)を、残された親族(相続人)が承継することを相続と言います。

 

 

相続人と法定相続人

相続人は、財産を承継する親族のことです。

法定相続人は、実際に財産を承継するかどうかに関わらず、財産を承継する権利を持った親族のことです。

 

相続税の計算においては、

  • 法定相続人が誰なのか
  • 法定相続人の人数

が重要となります。

したがって、まずは誰が法定相続人に該当するのかを知る必要があります

 

 

法定相続人になる人

1.配偶者

被相続人の配偶者は、常に法定相続人となります

”配偶者”は、結婚相手のことで、夫から見た妻、妻から見た夫のことです。

この場合の配偶者は、必ず、婚姻関係の届け出がある必要があります。

事実婚(内縁関係の夫婦)は、認められません

 

2.血縁関係のある親族

次の順位に沿って、法定相続人が決まります。

  • 第1順位:被相続人の子供(胎児を含む)
  • 第2順位:被相続人の直系尊属(父母・祖父母など、自分より上の世代の血縁者)
  • 第3順位:被相続人の兄弟姉妹

上の順位の人が誰もいない場合に限って、下の順位の人が法定相続人になります。

 

3.具体例

●その1 父が亡くなって、母(配偶者)と子供がいる場合

被相続人(亡くなった人)は、父です。

 

まずは、被相続人の”配偶者”である母が法定相続人になります。

さらに、”第1順位”の被相続人の子供であるA、B、Cも法定相続人になります。

 

したがって、母、A、B、Cの4人が法定相続人に該当します。

 

●その2 父が亡くなって、母(配偶者)と子供がいる場合Ⅱ

被相続人(亡くなった人)は、父です。

その1との違いは、Aに配偶者がいる点です。この場合どうなるでしょうか。

 

まずは、被相続人の”配偶者”である母が法定相続人になります。

続いて、”第1順位”の被相続人の子供であるA、B、Cも法定相続人になります。

”Aの配偶者”は、被相続人(父)から見ると血縁関係がなく、配偶者でもないので、法定相続人にはなりません。

 

したがって、母、A、B、Cの4人が法定相続人に該当します。

子供の配偶者は、法定相続人にはなりえないのです。

 

●その3 子供(A)が亡くなった場合

 

被相続人(亡くなった人)は、Aです。

 

この場合、Aには子供がいませんので、”第1順位”に該当する人は誰もいないことになります。

”第1順位”の人がいないことにより、”第2順位”の人に権利が移りますので、被相続人の直系尊属である父と母が法定相続人になります。

BとCは、法定相続人にはなりません。

 

したがって、父、母の2人が法定相続人に該当します。

 

●その4 子供(A)が亡くなった場合Ⅱ

被相続人(亡くなった人)は、Aです。

その3との違いは、Aに配偶者がいる点です。この場合どうなるでしょうか。

 

まずは、被相続人の配偶者である”Aの配偶者”が法定相続人になります。

続いて、Aには子供がいませんので、”第1順位”に該当する人は誰もいないことになります。

”第1順位”の人がいないことにより、”第2順位”の人に権利が移りますので、被相続人の直系尊属である父と母が法定相続人になります。

BとCは、法定相続人にはなりません。

 

したがって、Aの配偶者、父、母の3人が法定相続人に該当します。

 

●その5 子供(A)が亡くなるより前に、親が亡くなっている場合

被相続人(亡くなった人)は、Aです。

父と母は、Aより早く亡くなっています。

 

この場合、Aには子供がいませんので、”第1順位”に該当する人は誰もいないことになります。

”第1順位”の人がいないことにより、”第2順位”の人に権利が移りますが、”第2順位”である父と母も既に亡くなっているため、”第2順位”に該当する人も誰もいないことになります。

”第1順位”の人も”第2順位”の人もいないことにより、”第3順位”の人に権利が移りますので、被相続人の兄弟姉妹であるBとCが法定相続人になります。

 

したがって、B、Cの2人が法定相続人に該当します。

 

●その6 子供(A)が亡くなるより前に、親が亡くなっている場合Ⅱ

被相続人(亡くなった人)は、Aです。

父と母は、Aより早く亡くなっています。

その5との違いは、Aに配偶者がいる点です。この場合どうなるでしょうか。

 

まずは、被相続人の配偶者である”Aの配偶者”が法定相続人になります。

続いて、Aには子供がいませんので、”第1順位”に該当する人は誰もいないことになります。

”第1順位”の人がいないことにより、”第2順位”の人に権利が移りますが、”第2順位”である父と母も既に亡くなっているため、”第2順位”に該当する人も誰もいないことになります。

”第1順位”の人も”第2順位”の人もいないことにより、”第3順位”の人に権利が移りますので、被相続人の兄弟姉妹であるBとCが法定相続人になります。

 

したがって、Aの配偶者、B、Cの3人が法定相続人に該当します。

 

まとめ

相続税の申告をするにあたって、まずは、誰が法定相続人に該当するのかを知るのが第一歩になります。

被相続人の戸籍を確認して、誰が法定相続人に該当するのかをしっかり確認するようにいたしましょう!!