前回に引き続いて、経費に関することになります。

今回は、領収書がもらえなかった場合について説明したいと思います。

 

過去分は、こちら。

声優のための確定申告講座 その1

声優のための確定申告講座 その2

声優のための確定申告講座 その3

声優のための確定申告講座 その4

声優のための確定申告講座 その5

声優のための確定申告講座 その6

 

領収書がもらえなかった場合の対処法

大前提として、お金の支払いがあったときは、領収書・レシートなど支払ったことを証明するものは、必ずもらうようにして下さい。

それでも、どうしても領収書をもらえないことがあります。

そういうときの対処法について説明します。

 

領収書がもらえない場合というと、どのような場合が想定されるかと言うと、

・自動販売機で商品を購入した場合

・交通機関を利用した場合

・お店が出してくれなかった場合

などが考えられます。

それぞれについて、説明します。

 

自動販売機で商品を購入した場合

例えば、自動販売機で飲み物を購入して、それを現場に差し入れした場合、これは交際費として経費に該当します。

普通の自動販売機だと領収書が発行されないので、領収書が発行されなかったときは、以下のものをメモするようにして下さい。

日付、支払先(購入場所)、購入したもの、金額、使途(購入の目的)

これをメモしておけば、領収書の代わりになるので、メモをきちんと保管するようにして下さい。

 

交通機関を利用した場合

電車やバスを利用した場合、当然、交通費として経費になるのですが、普通は領収書がもらえません。

どうするかというと、

 

・ICカードを利用している場合

チャージのときの領収書があれば大丈夫です。

オートチャージの場合は、クレジットカード明細で大丈夫です。

 

ただし、厳格に言うと、チャージした時点では、まだ交通費の支払いがあったわけではありません。

また、ICカードからの支払いだと、支払いの用途が分かりません。

したがって、今後、チャージの領収書では否認される可能性がないとも言い切れません。

大丈夫というのは、あくまでも現時点では大丈夫、という認識でいて下さい。

 

そこをしっかり対応する場合、ICカードの使用明細を取得するようにして下さい。

駅の券売機で発行が可能です。

使用明細を発行する場合、遡れる履歴の数が限られているので、ご注意下さい。

 

また、ICカードの使用明細を取得できなかった場合、以下のものをメモするようにして下さい。

そうすれば、使用明細の代わりになります。

日付、交通手段、出発地、到着地、金額、用途

 

・ICカードを利用していない場合

毎回、切符を買っている場合ですね。

ICカードの使用明細を取得できなかった場合と同じになります。

以下のものをメモするようにして下さい。

日付、交通手段、出発地、到着地、金額、用途

これだけメモしておけば、領収書の代わりになります。

 

(実は、電車の場合、駅員に言うと、領収書を発行してくれます。でも、毎回発行してもらうのは、面倒だと思うので、わざわざ発行してもらわなくてもいいです。)

 

お店が出してくれなかった場合

まずは、領収書を出してくれるように言って下さい。

それでも出してくれなかった場合や、後からもらっていないことに気づいた場合は、以下のものをメモするようにして下さい。

日付、使用場所(お店の名前)、内容、金額、用途

これだけメモしておけば、領収書の代わりになります。

 

まとめ

いくつかのパターンに分けて書きましたが、まとめて言うと、領収書がもらえなかったときは、金額等をちゃんとメモしておけば領収書の代わりとして使える、ということです。

領収書をもらい忘れたら、即、経費にできないというわけではないので、参考にして下さい。

 

ただし、メモすれば大丈夫だからと言って、領収書を一切もらわずに、メモだけで済ませるようなことはやめて下さい。

メモばかりだと、後から否認される可能性があります。

ですから、メモは、あくまでも領収書をもらえなかった場合の最終手段だと思って下さい。

 

次回は、白色申告の場合の帳簿の付け方。

おいしーよ!